冬の新宿御苑

今から6年前の2016年1月24日、冬の新宿御苑を撮りたくなって、一人で出かけました。
写真を始めようとしていたころで、何をどう撮ったらいいかわからず、Dfに28-300のレンズを着けて、御苑内をウロウロしていたように思います。

DSC_9133.jpg
背景を暗くして蠟梅の花を撮りました。
DSC_9145.jpg
葉を落としたメタセコイヤの幹や枝の美しさをねらいました。
DSC_9151_01.jpg
池に落ちた葉が凍って閉じ込められていました。
DSC_9164_01.jpg
大きな枝を持つ子どもが可愛くて、お母さんの許可を得て撮りました。
DSC_9176_02.jpg
プラタナスの並木です。
DSC_9186_01.jpg
桜の蕾が大分膨らんでいました。

さて、みなさん、いかがお過ごしですか。こちらは、昨日は、東京の府中市郷土の森博物館に行って来ました。ロウバイが見事に咲いていましたが、いざ撮るとなると背景に山があるわけでもなく、悩んでしまいました。以前、ニコンカレッジで一緒に学んだ人に会ったので聞いてみたら、ここの背景は青空でしょう、とのこと。納得しました。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



広角レンズを持って

2017年の六月に、広角レンズを持って、その使い方の練習に、新宿御苑に行きました。
DSC_8176_02.jpg
大好きなモミジバスズカケの木の迫力を撮ろうとしたのですが、少し離れすぎています。もう少し木に密着したら、もっと迫力のある写真が撮れた気がします。
DSC_8189.jpg
バラを狙いました。水平にとっています。もう少し、上から下に向けて撮った方がよかったと思っています。
DSC_8221.jpg
撮っていたら、偶然、先生も撮りに来ていて、アドバイスを頂きました。広角レンズは、被写体に近づいて、見上げるか、見下ろして撮るといいということです。これは、見下ろして撮りました。
DSC_8223.jpg
これも、縦位置にして、見下ろして撮りました。

まだまだ、広角レンズを使いこなせません。広角レンズを使いやすい被写体と、使いにくい被写体があるのかもしれません。

さて、みなさん、いかがお過ごしですか。こちらは、今日もステイホームでいきます。昨日は、『デンマークの親は子どもを褒めない』の続きを読みました。デンマークの親も褒めることが分かってきました。でも、その観点がとてもいいのです。

プロフィール

サイカズ

Author:サイカズ
二人の子どもたちも独立し、家族はカミさんと二匹の犬(犬種はキャバリア)です。
写真は数年前に始めました。
まだまだ未熟ですので、いろいろ教えて下さい。

にほんブログ村 四季写真

にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR